縫い紋に戻るトップに戻る家紋額に移動


家紋の起源
きものTPO
紋入れ作業
上  絵  紋
抜き紋・北條紋
素    描
加  賀  紋
縫  い  紋
摺 込 み 紋
家  紋  額
ネクタイ紋入
ふくさ・その他紋入
家紋リフォーム
営業案内
ご注文・お支払方法
特定商取引法に基づく表示
価格表
 
家紋加工注文はこちらから申し込みをしてください。お客様の情報はSSLで保護されておりますのでご安心ください。

摺込み紋
「摺込み紋」とは石持(紋場)のない所に日向紋を描いたものを言います。ただし、しべ(線)は地色で表現します。
のしめ・祝い着
お宮参りは赤ちゃんが氏神様に初めて詣で氏子になる行事ですので初着の「掛け着」をお召しになります。男の子は5ツ紋・3ツ紋・1ツ紋のいずれかをのしめに用います。石持になっているものには「上絵紋」を石持になっていないものは「摺込み紋」を描きます。第一礼装にするならば5ツ紋をお勧めいたします。女の子ののしめには伝統的に紋を描きませんが好みで1ツ紋を描く事もあります。
七五三着
七五三が庶民の暮らしの中で始まったのは江戸中期頃と言われております。男女共に三歳になると乳児期を過ぎ少年期へ無事に成長するようにと言う願いを込めた儀式「髪置きの儀」というのが行われておりました。男の子が五歳になると初めて袴をつける習慣の儀式「袴着の祝い」が行われ、女の子の七歳では「帯結びの祝い」が行われておりました。これは、形の上で男と女の社会的な意識を植える儀式でした。いずれも数え年で計算します。ところによっては男女とも三歳・五歳・七歳を祝う地方もあるそうです。のしめと同様男の子は第一礼装にするのであれば5ツ紋をお勧めいたします。


肩揚げと腰上げで子供の和服姿の可愛らしさが決まります。

 肩揚げは細いうなじから続くきゃしゃな肩を作り、腰揚げは適度な腰のふくらみをつけて愛らしさを造形しています。それだけに揚げの良し悪しが着姿の良し悪しに影響し、揚げの位置が悪いとなんとなくだらしなく間が抜けて見えたりするものです。
摺込み白
摺込み白に金ラメ
摺込み白に銀ラメ
摺込み白に青ラメ
摺込み白に赤ラメ
摺込み金
摺込み金箔
摺込み光沢金
摺込み銀
摺込み銀箔
摺込み光沢銀

家紋のサイズは男の子が9分(3.4p)女の子は6分(2.3p)になります

           摺込み紋を注文する

上に戻る
縫い紋に戻る トップに戻る 家紋額に移動