加賀紋に戻るトップに戻る摺込み紋に移動


家紋の起源
きものTPO
紋入れ作業
上  絵  紋
抜き紋・北條紋
素    描
加  賀  紋
縫  い  紋
摺 込 み 紋
家  紋  額
ネクタイ紋入
ふくさ・その他紋入
家紋リフォーム
営業案内
ご注文・お支払方法
特定商取引法に基づく表示
価格表

家紋加工注文はこちらから申し込みをしてください。お客様の情報はSSLで保護されておりますのでご安心ください。


縫い紋(女物)
第一礼装としてお召しになるのであれば日向紋を用いますが洒落着としてお召しになるのであれば縫い紋をお勧めいたします。縫い紋は日向紋と違ってお召しになる着物の地色によって糸の色を変えることができますのでその方のセンスが出ます。また、男物の紬にも1ツ紋けし縫いを付けますと粋な着こなしができるかと思います。
    画像をクリックしていただくと拡大したものが出ます
金糸けし縫い、丸なし下り藤
銀糸けし縫い、丸なし上り藤
銀糸・共糸ちらしけし縫い、丸なし笹龍膽
金糸・銀糸ぼかしけし縫い、丸に片喰
銀糸蛇腹縫い、丸なし抱茗荷
共糸まつり縫い、丸なし梅鉢
すが縫い、七宝に花菱
共糸陰すが縫い、丸に桔梗
共糸さがら縫い、丸なし剣片喰

※糸の色は地色に最適な色を当店で判断させていただきます。お客様のご希望があればできるだけその色に近いもので縫い紋をさせていただきます。
           縫い紋を注文する

縫い紋(男物)
 男物の紬には縫い紋が最適です。紬は先染めの反物なので抜染には不向きです。また、着物の格からしても縫い紋をお勧めいたします。
 男物の縫い紋はけし縫がもっとも多く使用されております。女物と違い縫い糸を3本に撚り直し、糸を太くして家紋を刺繍するので重厚感のある仕上がりになります。

   
男物けし縫い
男物けし縫い
男物羽織
男物羽織仕上がり画像

上に戻る
加賀紋に戻る   トップに戻る   摺込み紋に移動