紋入れ作業に戻るトップに戻る抜き紋・北條紋に移動


家紋の起源
きものTPO
紋入れ作業
上  絵  紋
抜き紋・北條紋
素    描
加  賀  紋
縫  い  紋
摺 込 み 紋
家  紋  額
ネクタイ紋入
ふくさ・その他紋入
家紋リフォーム
営業案内
ご注文・お支払方法
特定商取引法に基づく表示価格表

家紋加工注文はこちらから申し込みの手続きをしてください。お客様の情報はSSLで保護されておりますのでご安心ください。


紋章上絵
「紋章上絵」とは生地の白く染め抜かれている紋場(もんば)・石持(こくもち)に指定された家紋を描くことを言い一定の画・一定の様式による共通の描き方が確立されているものであります。「紋章上絵」の種類は日向紋・陰紋・中陰紋・伊達紋・崩紋・比翼紋・加賀紋などがあります。女物のサイズは五分五厘(約2.1p)男物のサイズは一寸(約3.8p)であります。
日向紋の丸に蔦
日向紋
中陰紋の丸に中陰蔦
中陰紋
陰紋の総陰丸に蔦
陰紋
黒留袖紋入れ作業「丸なし五三の桐ができるまで」
黒留袖の石持は白く見えますが実際は多少黄ばんでおります。なぜかと言いますと生地を黒く染め上げるとき石持の部分を残すため「澱粉のり」を丸く置きます。染め上がった後この澱粉のりは除去されますが完全に取り除かれたわけではありません。この他に動物性の脂、蝋なども付着しておりますので下処理をせずに上絵紋を描いてしまうと仕上がりが綺麗になりません。そこで当店は黒留袖に上絵紋を描く前に必ず「石持を洗う下処理」をしております。これをすることにより石持がすっきりと白くなり上絵紋がシャープに表現できます。
手を加える前の石持
1.石持洗い作業する前の状態
改良三品を丸く置く
2.改良三品を丸く置く
改良三品を蒸気に約10〜15秒あてる
3.蒸気で蒸す
蒸気にあてすぎると改良三品がまわりに流れ出てしまうので細心の注意が必要です
超音波を使い改良三品をすべて取り除く
4.洗い落とす
改良三品を完全に除去しないと時間の経過とともに紋のまわりの染めが抜けてしまうことがあるので丁寧に作業する
石持洗いをすることにより絹本来の艶のある風合いが出た
5.石持洗い終了
上段の1の石持と比較するとあきらかに絹本来の艶が出ているのがわかるかと思います
家紋を描く
6.紋描き
生地の染と紋描きの墨の境目が目立たないようにぼかす
7.縁消し
丸なしの紋の場合いは石持と染めの境目をなくすために墨をぼかす作業をします
仕上がり
8.仕上がり

            上絵紋を注文する
 
衿字名入れ
当店オリジナルの衿字柄はいかがでしょうか。衿字の欄にただお名前を入れるのではなく黒地に女性らしい可憐な柄を付けてみてはいかがでしょうか。3タイプ用意させていただきました。(製作には家紋加工賃の他に別途料金がかかります)
喪服には衿先のところにお客様のお名前を入れる枠が空いておりますがそれは大切な着物を取り間違えない為のものであります。そこで弊店は衿字にお客様のお名前(下のお名前)を無料で描かせていただきます。どうぞこの機会にご利用下さいませ。
     画像をクリックしていただくと拡大したものが出ます
摺込みタイプ
摺込みタイプ
陰摺込みタイプ
陰摺込みタイプ
上絵摺込みタイプ
上絵摺込みタイプ
衿先の所が白く抜けておりますのでそこに貴女のお名前を書きます喪服の衿先のところに白く枠があいておりますので、そこにお名前を書くことが出来ます。
           
            衿字柄を注文する

上に戻る
紋入れ作業に戻る   トップに戻る   抜き紋・北條紋に移動