家紋の起源に戻るトップに戻る紋入れ作業に移動


家紋の起源
きものTPO
紋入れ作業
上 絵 紋
抜き紋・北條紋
素 描
加 賀 紋
縫 い 紋
摺 込 み 紋
家 紋 額
ネクタイ紋入
ふくさ・その他紋入
家紋リフォーム
営業案内
ご注文・お支払方法
特定商取引法に基づく表示
価格表



 時と場所によってお召しになる着物が変わりますここに例をあげてみました

第一礼装 黒留袖(5ツ紋日向紋、既婚女性)
振袖(未婚女性)
色留袖(5ツ紋日向紋)
喪服(5ツ紋日向紋、袷・絽)
男性黒紋付羽織(5ツ紋日向紋)
準礼装 色留袖(3ツ紋・1ツ紋日向紋)
訪問着(1ツ紋日向紋または紋を付けない)
付け下げ(1ツ紋日向紋・1ツ紋縫い紋または紋を付けない)
色無地(3ツ紋日向紋、紋を付けない訪問着より格が上)
男性色紋付羽織(5ツ紋日向紋)
略礼装 色無地(1ツ紋日向紋・1ツ紋縫い紋または紋を付けない)
江戸小紋(1ツ紋日向紋・1ツ紋縫い紋)
男性長着(1ツ紋日向紋・1ツ紋縫い紋)
セミフォーマル 小紋

絵羽織(1ツ紋縫い紋または紋を付けない) 
黒留袖・振袖
既婚女性は黒留袖、未婚女性は振袖を慶事にお召しになる女性の第一礼装です。
色留袖(5ツ紋日向紋)
黒留袖と同格になりますので叙勲や晩餐会など華やかな場では色留袖5ツ紋日向紋は最も相応しいものだとされております。
喪服(袷・絽、5ツ紋日向紋)
弔事の第一礼装です。絽の喪服については慣習として嫁ぎ先の家が用意します。その時は嫁ぎ先の家紋を着物に付けます。これをお仕着せと呼んでおります。
男物黒紋付羽織(5ツ紋日向紋)
慶事では結婚式の新郎・仲人・新郎新婦の父親、叙勲や授賞式など。弔事では喪主・遺族・葬儀委員長のときなど、未婚・既婚の区別がなく慶弔両用にお召しになる男性の第一礼装です。
訪問着(1ツ紋日向紋または紋を付けない)
未婚・既婚に関係なくお召しになれます。結婚披露宴や表彰式、パーティー、年賀、お見合い、結納や茶会など社交着として広範に用途があります。友人・知人の結構披露宴や初釜などのときに色留袖や振袖では少し大げさに思われるときは1ツ紋付訪問着が最適かと思われます。
付け下げ(1ツ紋日向紋・1ツ紋縫い紋または紋を付けない)
付け下げは準礼装の中でもややくだけた着物ですから紋は付けなくても良く、もし付けるのであれば日向紋または陰紋または縫い紋(金糸・銀糸・共糸)が最適かと思われます。もともと付け下げは戦時下において訪問着の着用が禁止された際に考案されたものですから訪問着に比べ模様が少なく地味に見えます。その代わり生地や染色に工夫を凝らしたものが多く着物が好きな方には人気があります。また、控えめな模様がかえって茶席などの落ち着いた場所に向くため茶人の着物として重宝されております。紋を付けない訪問着よりも格が上になります。
色無地(1ツ紋日向紋・1ツ紋縫い紋)
お子様の入学式や卒業式、七五三、お見合いに付き添うお母様にはことのほか重宝されております。パーティーなどの華やかな場にお召しになるのであれば加賀紋を用いても良いかと思われます。
江戸小紋
江戸時代に武士の裃柄として発達した歴史ときりりとした風情を持っているのが江戸小紋であります。一見地味に見える細かな柄を「極型江戸小紋」と呼ばれております。また柄については数千種類もあると言われております。
小紋
繰り返し模様の型染めの着物で「プリント柄のワンピース」のようなもので実に多様な柄があります。社交着としてお召しになるのであれば友禅小紋、加賀小紋、東京小紋、紅型(びんがた)、臈纈(ろうけつ)、更紗(さらさ)などが最適かと思われます。
紬・絵羽織(1ツ紋縫い紋または紋を付けない)
1ツ紋縫い紋を付けるとセミフォーマルになったり紋を付けないとパーティーや観劇など華やかは場にふさわしい趣味的な社交着としてお召しになることができます。紬といえば大島紬・結城紬が有名ですが他にも米沢紬・塩沢紬・信州紬・牛首紬・郡山紬・久米島紬など日本各地で織り上げられ多くは産地の名を冠にして呼ばれております。

上に戻る
             家紋の起源に戻る  トップに戻る  紋入れ作業に移動