トップに戻るきものTPOに移動


家紋の起源
きものTPO
紋入れ作業
上  絵  紋
抜き紋・北條紋
素    描
加  賀  紋
縫  い  紋
摺 込 み 紋
家  紋  額
ネクタイ紋入
ふくさ・その他紋入
家紋リフォーム
営業案内
ご注文・お支払方法
特定商取引法に基づく表示
価格表
掲示板

「家紋の起源」
平安朝の時代に公家が自らの表示の為の「しるし」が始まりで、鎌倉時代には合戦の際、敵味方を識別する為に武士の旗指物などに自らの「しるし」を付けていました。徳川の平和時代には下級武士や町人が家紋を用いることで一般に広まり冠婚葬祭という「晴れの行事」の中で衣服から調度品まで「家紋」が幅を利かせるようになりました。
「家紋は一家に一つとは限らない」
日本のしきたりではお嫁さんの実家を重んじその家を宣明にする為に実家の家紋をお嫁さんに持たせた日本のゆかしい心遣いが伺えます。関東では実家の定紋関西では実家の女紋をお嫁さんに持たせるようです。
  • 定紋(じょうもん)、本紋(ほんもん)⇒代々伝わっている家紋
  • 替紋(かえもん)、副紋、控紋、添紋⇒新しく作った家紋
  • 女紋(おんなもん)⇒婚姻の時お嫁さんが実家から持ってきた家紋
家紋そのものに軽重はありませんが公式の場でお召しになるのであれば替紋は失礼にあたります。女性が嫁いだ場合は母親の実家の定紋を替紋とする慣習なので女の子が絶えない限り永遠に同じ家紋が受け継がれてゆくことになります。男性の場合は正嫡なら本家の家紋を、次男以降は分家の家紋を用います。婿の場合は養家の家紋のみ用います。
明治時代の「家」の制度確立と共に万民が苗字を許されるようになると家紋が乱用されるようになりました。それは少しでも家族を立派にしよう・家柄を大事にしたい・あるいは新しい家族の象徴としたいという願望があったのだろうと推測できます。
戦後、核家族化時代を迎え家紋がおざなりにされた感がする一時期がありましたが今や「家紋」は象徴というだけではなく欧米人をして「すぐれたデザイン」と称賛され抽象化された模様の美しさがあらゆる分野の中に再現されて用いられております。

家紋の起源について簡単に紹介してみました。今後若い人たちに興味を持っていただけるよう随時案内していこうと思っております。「掲示板」もありますのでご意見・ご感想・ご質問など何でも書き込んでいただけるととても嬉しいです。

上に戻る
トップに戻る   きものTPOに移動